Top >  光豊胸の長所・短所 >  光豊胸のデメリット

スポンサードリンク

光豊胸のデメリット

では次に、光豊胸のデメリットについて考えてみましょう。
光豊胸の施術には、数回の通院が必要となります。
その数は一般的に10〜15回。
そのため、定期的に時間をつくり、エステサロンに行く必要があります。
一回の値段だけみていると比較的安価なのですが、やはり回数を重ねると高額になってしまう可能性もあります。またサイズアップは1カップ程度と、大きなバストアップは難しいのです。
そして光豊胸とは、自分のバストの脂肪細胞を太らせるための施術ですので、バスト自体に脂肪が少ないと効果は少なくなってしまいます。
先程もいいましたが、光豊胸は自分自身のバストの脂肪細胞を太らせる仕組みで、バストアップを実現します。ですので、もともと脂肪が少ないと、効果が少ないのも仕方がありませんよね。
ましてや、自分にある脂肪を大きくするのですから、限界もあります。
AカップをDカップにする、というような劇的なバストアップは難しいのです。
またその人の持つ脂肪が多いか少ないかは、試してみないとわかりません。
幸い、光豊胸は手軽に出来ることからお試しコースなどもあります。
ですので、実際に試してから光豊胸を受けるかどうかの判断をしたほうが、失敗を減らすことが出来るので、一度試してみるのもいいかもしれませんね。

 <  前の記事 光豊胸のメリット  |  トップページ  |  次の記事 プチ豊胸  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 高価 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「手術なしで豊胸しちゃった」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。